乳幼児だけじゃなく大人も感染する手足口病の対策と基礎的知識を知り身を守りましょう。

サイトマップ

トップバナー

手足口病は1.5歳までの子供が発症する事が多い

手足口病という病気の基礎的知識をご存知でしょうか。手足口病ときくと、そんな変わった名前の病気があるのかと思う方も多いと思います。手足口病の名前の由来は主に手、足、口に症状が出ることから名前がつけられたことを基礎的知識として覚えておきましょう。

手足口病を英語にするとHand-Foot-Mouth disease:HFMDという単語になり、直訳と同様の意味があります。特に5歳までの子供、2歳以下の幼児を中心に発症する手足口病は2011年5月には中国、韓国でも流行の兆しがあり、中国では1歳の死亡者が出た程に重症になったこともある病気だということを基礎的知識として覚えておきましょう。

右肩上がり
過去10年の最多数

今年6月19日には日本でも、西日本を中心に患者数が増加し、この時期の患者数としては過去10年の最多数を記録していることを手足口病の基礎的知識として覚えておきましょう。いずれにしても手足口病は一年中感染する可能性はあるのですが、日本では7月がピークとなることが多くあり、これが流行の時期と考えられることも手足口病の基礎的知識になります。

可愛い赤ちゃん
対応の仕方を知る

今のうちに手足口病の特徴、症状、緩和方法、対応の仕方を知ることによって感染を最小限に抑える基礎的知識を身に着けておかなければなりません。わが子が手足口病に感染したらとてもショックだと思いますが、加えてお子さんの友達などに感染させないように心がけておかなければならないのも基礎的知識なのです。

その2手足口病の特徴

笑顔

手足口病は急性のウイルス感染となっていることを基礎的知識として覚えておきましょう。主にコクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型によって発症する他、コクサッキーウイルスA4型、A5型、A6型、A9型、A10型によっても感染する可能性があることも手足口病の基礎的知識です。

手足口病はインフルエンザなどと同様で一度感染することによって、ウイルスに対する免疫は出来るのですが、手足口病の原因となっているウイルスが複数あるので、再びほかのタイプのウイルスによって発症する危険性があるとても厄介な病気であることも基礎的知識として覚えておきましょう。

症状は基本的に同じ

ポイント 手足口病でどのタイプのウイルスに感染しても症状は基本的に同じなのも基礎的知識です。ただ、手足口病は重症になると最悪の事態になりかねないことをきちんと基礎的知識として覚えておき、手足口病がはやる季節に備えなければなりません。特にお子様は要注意なのです。

インフルエンザにしてもそうですが、流行っている時期はお子さんにマスクをつけさせたり、手洗いうがいをさせたりと様々な予防をしてもらうと思います 。手足口病もそういった予防が一番の策になるのが基礎的知識です。幼いお子さんがいる家庭であれば、手足口病の季節は常にその子に目を配れる人がい た方がよいのも基礎的知識なのです。突然の発症に対応するために誰かがついていないと、気づいたら、軽傷が重症になっていた、ということになりかね ないからです。流行時期は常に大人の目が届くところにお子さんがいるようにしましょうね。そして手足口病の人が近寄ってきたら、お子様をその人から 離すようにしましょう。間違っても人に近づけてはダメです。症状が確定したら幼稚園などは1週間程度休ませる必要があります。

相互リンク
https://www.realmediajapan.com/
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/tokorozawashi-saijou

その3水疱ができる

手足

手足口病は手のひら、足のうら、口の中などに手足口病は水疱を発症することを基礎的知識として覚えておきましょう。手足口病で発症する水疱のサイズは、2㎜から5㎜程度の水疱性の発疹で1ヶ所のみであったり、他の部分にぽつんと発疹があったりと、お子さんの体質によって異なることも基礎的知識です。

手足口病の水疱の他には、一時的に微熱があったり、軽い喉の痛みがあったりします。口の中にできた発疹は軽い痛みを感じることもあるようなので、食べ物や舌などの刺激によって水疱が破れてしまい、更に強い痛みと変わることもあるので、親御さんがきちんと気を付けなければならない事も基礎的知識になります。

自然に治っていく

ポイント 一般的に手足口病の症状は、比較的に軽い状態で水疱はカサブタになることもなく、自然に治っていくということを基礎的知識として覚えておきましょう。予後もないことが多いのですが、稀に髄膜炎や脳炎などの中枢神経系の病気や、心筋炎などの合併症になる可能性があることも基礎的知識です。

手足口病のこういった重症の症状に対して神経質になりますが、最悪の場合には命に係わるので経過をよく観察しなければなら ないことも手足口病の基礎的知識です。手足口病の症状が悪化したり、高熱が長引く頭痛、嘔吐を繰り返す、視線が合わない、 呼びかけに反応しない、呼吸不全、ぐったりしている、顔色が悪かったりするのであれば、すぐに医師に診察してもらう必要があるのも基礎的知識です。 手足口病は一般的な病気ですが、最悪のケースもありえるのです。安易に考えず、よく観察して容体が悪いようならすぐに医師 のもとへ連れていきましょう。一般的な病気だからといって安易に様子をみすぎないことが大事ですし、なによりお子様が苦しんでいるのを 放置するのはよくありません。

相互リンク
https://ihin-raiku.com/information/
https://www.revposting-succml.com/corplist/

その4対症治療が主

診察

手足口病の感染経路は手足口病を患っている人の咳やくしゃみなどの飛沫感染が一番多いのが基礎的知識です。手足口病でできた水疱が破れた際の内容物や便の処理の際などにウイルスが手に付着し口や眼などの粘膜を通して感染することもあり、これを経口、接触感染と呼ぶことを基礎的知識として覚えておきましょう。

手足口病は基本的に2日から7日程度の潜伏期間を経て発症し、7日から10日程で治ることが多いので、手足口病の発症が治ってからも3週間から4週間便や鼻水などにウイルスが排出されれるので注意が必要であることも手足口病の基礎的知識になります。実は手足口病はワクチンなどの予防薬がないのも基礎的知識として必要なのです。

症状に合わせた対症治療が行われる

ポイント 手足口病の治療は痒みが出た際には抗ヒスタミン薬を使用し、発熱の際には解熱薬を使用するといった症状に合わせた対症治療が行われることを手足口病の基礎的知識として覚えておきましょう。また、手足口病の水疱が口の中にできてしまうと水疱の軽い痛みや水疱が敗れた痛みで食事がとりにくくなることも基礎的知識です。

手足口病でそのような症状の際は、刺激のない柔らかく薄味の物を与えることを基礎的知識として知っておきましょう。言語でコミュニケーションが とれない乳幼児の場合、手足口病をお母さんが気付いてあげる必要があるので、手足口病の症状の基礎的知識を理解しておく必要があります。 子供が手足口病になると、食事面での栄養に意識が行くと思いますが、水分補給を一番に心がけてください。また水分といっても水をただ取らせる という訳ではありません。大人でもそうですが、脱水症状の時には塩分を含んだ水分が必要になりますので、ポカリスウェットなどの 水分を取らせるのが一番よいです。焦って間違っても水はお茶だけを大量に飲ませないようにしましょう。逆に下痢などを引き起こし、脱水症状を 引き起こしてしまいます。

その5経過観察と適切な対応

お母さんと赤ちゃん

手足口病にかかりやすい5歳以下の年代は、自宅で過ごす子と乳幼児が多い一方で、幼稚園や保育園などで集団行動を行っていることも多くあり、遊びを通した接触が密になっている可能性が高く、そういったことで手足口病が広まっていくことを基礎的知識として覚えておきましょう。

お子さんが通っている幼稚園や保育園などでのトイレトレーニングが徹底されていなかったり、衛生観念が未発達であることから手足口病の感染が一気に広がる危険性があることも基礎的知識になります。手足口病の感染を予防するためには、手洗いをこまめにし、タオルを共有しないことが一番なのも基礎的知識です。

冷静な対応が必要である

ポイント 保護者や幼稚園、保育園の先生は便や排泄物で汚れた衣服などの処理を適切に行うように心ががけることで手足口病の感染を止めることが出来るというのも基礎的知識になります。手足口病は子供にとってはとてもポピュラーなものなので、神経質になりすぎず、冷静な対応が必要であることも手足口病の基礎的知識です。

手足口病が幼稚園や保育園で流行し、感染してしまった際に症状が悪化する可能性があるので、子供の様子を観察しながら落ち 着いた対処をとるように基礎的知識を持っておきましょう。ですが、手足口病の悪化症状がみられるのであれば、合併症の疑 いがあります。病院にいくなど、速やかな対応が必要になるので、手足口病の基礎的知識として覚えておきましょう。 どうしても心配であれば、早めに病院に連れていくか、電話で相談してもよいでしょう。お子さんにとってかなり辛い病気でも あるので、早急な対処を心がけましょう。大人の辛さよりも数倍辛い、という気持ちを察してあげることが大事です。 言葉で表すことが十分にできない、という部分を察してあげましょうね。どうしても同じように言葉で理解しようと大人はしますが、 それができないのです。

その6大人の手足口病

成人女性

乳幼児に多い病気とされている手足口病ですが、大人でも感染することがあることも基礎的知識として知っておきましょう。大人にも手足口病にはこれといった治療薬が存在しない事を基礎的知識として必要です。大人の手足口病の場合、夏風邪を引いてしまったと同様にに時間の経過と共に自然に治っていくので、手足口病の症状が治るまで自宅で安静にしていなければならないことも基礎的知識になります。

手足口病は特に治療薬がないので、発症した際には解熱剤、痒みがひどいのであれば痒み止め という風な症状に応じての薬を使用しなければならないことを手足口病の基礎的知識として 知っておきましょう。これ以外にも、手足口病に対して数種類の漢方薬を使用することもあり、 症状に適したものが処方されることがあるのも基礎的知識です。症状がどのくらいひどいのかに よって処置の仕方も変わってきますので、他のお子様と違う処置だからとあせらないようにすうr ことも必要です。

口内炎の治療

ポイント 手足口病によって発疹した口内炎の治療は、イソジンなど農外薬、口内炎用の軟膏、食べ物で痛みを感じるのであれば、冷たい物を食べて感覚を麻痺させて食事をする方法が有効であることも基礎的知識です。そうめんなどさっぱりとしていて、あまり噛まずとも食べれるものが手足口病を患っているときには有効であることを基礎的知識として知りましょう。

手足口病による、手のかゆみには市販のかゆみ止め、水疱には市販の軟膏で、市販の解熱、鎮痛 剤を使用し、発熱を下げなければならないことも大人の手足口病の基礎的知識になります。手 足口病の症状を和らげる効果のある漢方薬は、桂麻各半湯、桔梗湯、葛根湯、越婢加朮湯、 板藍根、天津感冒片、涼解楽などです。手足口病は夏に特に流行します。 ですので、特に気を付けた夏にしっかりとした対策をとって行く必要があるのです。 ここでご紹介いたしました手足口病の基礎的知識を参考にお子さんの体を守りましょう。