手足口病は症状の違いがあることを理解して対処しましょう

サイトマップ

トップバナー

大人と子供の症状

高温多湿に強いウイルス

手足口病の主な症状は、大人も子供の同じですが、口のまわり、内側、手、足などに水 疱の発疹ができます。この病気は手足や口に症状が出ることが 由来で手足口病と名がつきました。このウイルスは高温多湿に強いウイルスです。

夏の終わりとともにしずまっていく病気

そういったことが原因で、夏に流行します。初夏から流行し、7月にピークを迎え夏の終わりとともにしずまっていく病気です。初期症状は、風邪と似ているので、症状が軽くてすむので、水疱が出ていても、水疱が出る夏風邪として扱われることが多い病気です。

合併症の危険性がなければ、治療をする必要もなく、自然と治っていく病気です。手足口病のウイルスはどのようにして人から人へと感染するのでしょうか。患者の鼻水、唾液、くしゃみや咳などによってまわりにばらまかれることで次の人へ感染していきます。

症状の状態

ポイント

潜伏期間が数日あるので、自分に発疹がなければ感染していることに気付かず、 発症前に他の人に移す可能性もあるのです。発症後は1週間程度で治るので、それ ほど身構える必要はないのですが、稀に急性髄膜炎、急性脳炎を発症してしまうこ ともあるので、注意が必要です。

不安な方は早目の診察、治療を
男性医師

そうなってしまうと命に係わります。不安な方は早目の診察、治療を受けることをおすすめします。感染が報告されてい るデータを見ると9割は5歳以下の子供で、この数字からわかるように大人はあまり感染しないように感じますが、 大人がかかると、重症になる可能性が高くなります。自分が手足口病になっていないかどうかわからない場合は親に聞いてみるのが 一番です。もしわからず、不安なのであれば、病院で検査されても良いかと思います。

手足口病の基礎的知識