手足口病は原因を知っておくことで対策ができることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

手足口病はウイルスが原因

赤くてぶつぶつした発疹

みなさんは手足口病を患ったことがあるでしょうか。手や足に水疱が出来たり、口の中に水疱が出来たりして、治療を受けた経験があるでしょうか。手足口病とは、手の平、足の裏、口の中などに手足口病特有の水疱が出てきてしまう病気なのです。赤くてぶつぶつした発疹が突然できます。

感染ルートは多くある

一瞬、水疱瘡かな?と思うかもしれませんが、周囲で手足口病が流行していることを知っている方であれ ば、慌てずに対応することができると思います。保育園や幼稚園では、すぐに園内で流行してしまう病気なので、感染ルートは 多くあり特定することは困難です。

手足口病の場合、発熱を伴うケースは少ないので、子供にもぶつぶつが出るだけであとは元気という子が 多いようです。熱が出たとしても38度程度までしか上がらず、熱が出るにしても出ないにしても、水 疱ができたとしても、緊急病院などで治療する必要はないということです。

自宅と病院での治療

ポイント

病院で治療してもらっても、してもらわなくとも完治までに1週間は絶対にかかる ので、慌てずに患者の様子が落ち着いてから病院に向かうという少し遅れた対処で も問題はありません。水疱がカラダにできたことを見つけると皆さん驚き、大きな 病気と勘違いするかもしれませんが、夏風邪の一種です。

腸管ウイルスが原因
ハイハイ

腸管ウイルスが原因となって発症してしまっている夏風邪で、専 門用語で手足口病のウイルスはコクサッキーA群16型といわれています。また、エンテロウ イルス71という2種類のウイルスが主となり、感染し、発症してしまう夏風邪なのです。 どちらにしても、落ち着いた対応が必要になります。どのウイルスなのか、というのはもちろん素人では判断できませんので、 症状がでたらできるだけ早く医者に見せることが早期発見に大切です。幼児は症状がわかりずらく、手遅れになると大変なので 少しでもおかしいと思ったら病院にいくようにしましょうね。

手足口病の基礎的知識